SPFやPAが高い日焼け止めは、肌に悪いの?

「SPF(UV-B防止力の値)やPA(UV-A防止力の値)が高いほど、肌への負担が大きくなる」と言われることがありますが、それは、石油合成成分の「紫外線吸収剤」を含む日焼け止めの話です。
「紫外線吸収剤」には、「オキシベンゾン」や「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」「ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル」などがあり、これらは、取りこんだ紫外線のエネルギーを熱や赤外線に変換して放出するなど、紫外線を化学的に処理する合成成分で、この化学反応が肌に強い刺激を与える可能性があります。どれも国内の化粧品基準において「化粧品の種類により配合の制限がある成分」に分類されています。これらの紫外線吸収剤を配合して、高いSPF値とPA値を実現している日焼け止めを使用した場合、デリケートな肌はそれらの成分の働きでアレルギーなどの肌トラブルを起すことがあります。つまり、「SPF値が高いこと」が肌に悪いのではなく、紫外線吸収剤を多く含むことが肌の負担になりうるということなのです。
moani organicsの日焼け止めは、紫外線吸収剤を含まず、「酸化亜鉛」という「紫外線反射材」と呼ばれる天然の成分のみで紫外線をブロックしています。酸化亜鉛は鉱山から取れる安全性の高いもので、ファンデーションやフェイスパウダーに白い色を付ける顔料としてもよく使われます。炎症を抑える収斂作用(止血、鎮痛、防腐など)を持つので、肌トラブルの軟膏など、医薬品にもよく使用されています。
この紫外線反射材は、粒子が光を反射する働きを利用して、お肌に紫外線の害が及ぶのを防ぐ成分で、紫外線吸収剤のように化学変化で紫外線を処理するのではなく、物理的に紫外線を跳ね返すので、成分構造が化学変化することなく、壊れにくく長持ちします。紫外線吸収剤のように処理できる紫外線の波長を選ばないためUV-AもUV-Bも両方を防げます。また有機化合物ではないのでお肌の刺激にもなりにくいという特長を持ちます。
「肌に負担を掛けたくない、でも、出来るだけ日焼けしたくない」という方は、moani organicsのように天然由来成分100%で、石油合成成分の紫外線吸収成分を含まない日焼け止めで、かつ「SPFとPA値の両方が最高値」の日焼け止めを選ぶことが最良のチョイスとなります。