日焼け止めの海外の法規制について

海に流れ出ることにより、サンゴ礁を死滅させ、海洋環境に重大なダメージを与える紫外線吸収成分の「オキシベンゾン」や「オクチノキサート」(国内の化粧品成分名:メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)を含んだ日焼け止めについての販売を禁止する法案が2018年7月に世界で初めて米国ハワイ州にて可決され、2021年1月より施行が始まりました。
太平洋の島国パラオは2020年からより厳しい規制を敷き、「サンゴ礁に有害」と定めた10種類の物質を含む日焼け止めの販売に加え、持ち込みも禁止しています。販売した場合には最高で1千ドルの罰金を科し、持ち込まれた製品は没収しています。
メキシコでは法規制ではありませんが、リビエラマヤやシェルハ海洋公園など複数の観光地で市販の日焼け止めを使用しないよう観光客に呼びかけています。
これらの成分については、サンゴ礁だけでなく人体への悪影響が高く、皮膚から体内に浸透し血液や尿から検出されるという研究が多く発表されています。
FDA(米国食品医薬品局)では、この有害性が明らかになった2つの成分以外でも、現在認可している紫外線吸収成分12成分についても安全性に疑問があるとして、再評価することを2019年2月に発表しました。
moani organicsの「UV SKIN PROTECT MILK」は天然由来成分だけで出来ています。オキシベンゾン-3やメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、その他あらゆる紫外線吸収成分を含みません。上記の国々でも問題なく使用可能です。